QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
Квас
Квас
2005年頃から今日までロシア海軍歩兵及びロシア連邦軍装備を亀の歩みで集めてるマン
過去にFBやtwitterと海外フォーラムで投稿したコレクションを中心に記事投稿したいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年11月25日

レプリカバヨネット2

新たに手に入れたレプリカバヨネットの記事です。

6Х4(6kh4 or 6H4)


刀身をラバー製のものに交換されたレプリカです。ラバーなのでとても安全です。
ラバー刀身以外グリップと鞘、ハンガーが実物です。ラバーの刀身が厚いので鞘に本来付いている脱落防止のストッパーがオミットされています。
LCT製AK74に一応着剣も出来ますが、完全な固定は出来ません。
雰囲気は大変良い物です。
追記:バヨネットのつば部分にイジェフスク製である刻印がありました。



6Х5(6kh5 or 6H5)


鞘とハンガーが実物でバヨネットがラバーのレプリカです。
オリジナルの特徴を掴んでいる出来栄えと思います。
着剣はすんなり出来ます。

過去に手に入れた6Х5レプリカを並べてみました。


中央の2013~2014年ごろ流通していたレプリカはかなり太いです。
  

Posted by Квас at 21:41Comments(0)装備

2016年11月25日

レプリカケブラーヘルメット

自分がかつて持っていたレプリカケブラーヘルメットについて書こうと思います。
今では実物の流通が多いのであまり見かけなくなったレプリカケブラーヘルメットですが、実物の流通が少なく高価だった頃はお世話になりました。
反面勉強代にもなりました。

レプリカ6B7

これは中国製でチンストラップが実物と違い色がグリーン(実物はカーキー)で顎紐を固定するパーツがファステックス(実物はフックの金具)になっています。
リベットも実物とは形状が違います。それでもヘルメットの特徴は捉えてるのではないでしょうか。
塗装の被膜が弱いので砂利の上に置くと塗装が剥げます。シェルの厚みは実物と比べて薄いです。

レプリカ6B27

ロシア製です。最初はそれっぽいと思いましたが後に実物と比べると外観はあまり似てない代物です。
チンストラップはそれなりに本物を意識してるのかフックで顎紐を固定する作りです。これもシェルの厚みは実物と比べて薄いです。


レプリカ6B7-1M

ロシア製で外観とチンストラップと塗装を含め全く似てない代物です。
実物は顎紐をドットボタンで固定しますが、こちらは6B27のようにフックに引っ掛けて固定します。
6B7-1Mでは使用例がほぼ見かけないスポット迷彩が施されている珍品ぶりです。もしかするとスポット迷彩を施された6B7-1の使用例があるのでそれを誤認してこんな塗装を施したのかもしれません。

同じくレプリカ6B7-1M


こちらはポーランドorハンガリー製です。実物と比べてシェルは厚みはありませんが、外観はかなり似せている出来栄えです。
顎紐の固定もドットボタンで固定させています。ヘルカバーも生地の素材は違いますがそれなりに似せています。

  

Posted by Квас at 21:11Comments(0)ヘルメット

2016年03月13日

6Б19ボディーアーマーその2

状態の良い6Б19(6B19)を新たに入手しました。
前回手に入れたのと違い裂け破け、ウェスト調整ベルトの欠損もなくとても状態が良いです。
ただしメーカータグがなぜか切り取れていました。あと今回もフロートパーツがありませんでした。

正面


背面


6B19はネックガードを展開した状態と畳んだ状態にすることが出来ます。

ネックガード展開状態


畳んだ状態


デジタルフローラ6Б19の使用例

2010年演習時、太平洋艦隊第155独立海軍歩兵旅団の将校と兵士

カスピ小艦隊のロシア海軍歩兵

  

2016年01月30日

6Б12-4ボディーアーマー

6Б12-4(6B12-4)は6B12系統のボディーアーマーの一つでありロシア海軍歩兵で採用されています。
製造企業はКлАСС(CLASS)です。

手に入れた6Б12-4はアラミド繊維タイプのフローラ、通称シャイニーフローラもしくはディスコフローラと言われるタイプです。


中古品のため紫外線によってアラミド生地が変色している
グローインアーマーは畳んで使われていたため、紫外線で変色せず元の色合いを保っている。
手に入れた6Б12-4は本来付属しているベルトが欠品していたため、デザインが似ている6sh92のベルトを代用。

こちらは防弾プレート類

左が正面のプレート、右が背面のプレート

使用例



三枚の画像すべては2006年頃のスラヴァ級ミサイル巡洋艦モスクワに乗艦している黒海艦隊のロシア海軍歩兵
ヘルメットの6B7-1、アサルトベストの6sh92-4、ソ連のダストゴーグルを着用しているのが確認できる。

これら以外にもクリミアでの礼儀正しい人達、ウクライナ東部紛争での親露派でも6Б12-4の使用が確認されているようです。  

2016年01月29日

6Б19ボディーアーマー

6Б19(6B19)はロシア海軍歩兵で採用されているボディーアーマーの一つです。
Korsar-MPよりも古いフローティングボディーアーマーです。2003年に導入されたようです。
Korsar-MPのようにソフトアーマー自体にフロート機能はなく、オプションのフロートパーツを取り付け、膨らませて水面に浮くことが出来ます。
カラーはブラック、フローラ、デシタルフローラ、デモストレーション用と思われるリードパターン?があります。

今回手に入れた6B19は防弾プレートはありましたがフロートパーツがありませんでした。
かなりの使用感と破損箇所がありました。




こちらはタグです。製造はNPOです。

機会があればフロートパーツ付きで状態が良いのを手に入れたいです。

使用例
2010年ごろの太平洋艦隊のロシア海軍歩兵
ブラックとデジフロタイプが混在している。


シーサバイバー(邦題)という200%脚色された映画にもなったシージャックされたモスクワ大学号救出後のロシア海軍歩兵

ブラックの6B19の上にSmershと6sh92を装着しているのが確認できる。

2013年演習時の太平洋艦隊のロシア海軍歩兵


2014年演習時の太平洋艦隊のロシア海軍歩兵

6B19に6sh112の組わせが確認できる。


  

2016年01月29日

6Б5ボディーアーマー ナイロンタイプ

ソ連末からロシア連邦において使用されていた6Б5(6B5)ボディーアーマーです。
大別するとナイロンとコットンのタイプがありますが私が手に入れたのはナイロンタイプです。




ロシア海軍歩兵では、主に第一次チェチェン紛争などで使用されていました。



第一次チェチェン紛争ではVSRの他にブタン迷彩服も多く使われていました。
  

2015年10月01日

6ш92-4再び

特に目新しいものですはないですが、以前記事で紹介した6ш92-4(6sh92-4)アサルトベスト
カラーバリエーションであるシャイニーフローラ(アラミド繊維)タイプを手に入れました。



アラミド繊維なので光沢があります。
今回手に入れたものは新品でかつ説明書が付いていました。
手に入れた6sh92-4では説明書が付いているものは初めてでした。
説明書をめくるとメーカーのАНА(ANA)のスタンプがありました。

6sh92-4については過去の記事をご参照いただけると幸いです。
http://kvasstank.militaryblog.jp/e691972.html

3着の6sh92-4を揃えることが出来ました。

上からシャイニーフローラ、フローラ、シャイニーVSR
  

Posted by Квас at 21:39Comments(0)装備ロシアアサルトベスト

2015年09月12日

6sh92-3アサルトベスト

6sh92-3(6Ш92-3)
2000年代のロシア海軍歩兵と他のロシア連邦軍部隊で使用されているアサルトベストの一つ
です。
マガジンポーチ蓋の留め方が角カンを用いた構造になっています。
迷彩はDark VSR、フローラがあります。
ロシア海軍歩兵では6B11-3ボディアーマーとの組わせて使用されていることが散見されます。





BALTOPS2004に参加したバルト艦隊の第336独立海軍歩兵旅団


同じく参加している米軍から貸与されたM16A2をロシア海軍歩兵兵士が構える図

ロシア・スウェーデンの軍事交流





  

Posted by Квас at 14:12Comments(0)装備ロシアアサルトベスト

2015年09月12日

6B11-3ボディアーマー

6B11-3(6Б11-3)はロシア連邦軍及び海軍歩兵で使用されたボディアーマーです。
ロシア連邦軍の個人兵装近代化計画Barmicaの候補でもあったそうです。
また防弾性能を偽って納入しメーカー社長が逮捕されるとスキャンダルも起きた一件もあります。
海軍歩兵で使用された画像が多いですが、自動車化狙撃兵でも使用された例もあります。

構成はカバート、ケブラー、ポリエチレンのプレートです。迷彩はDark VSRといわれる独特な青みがかった迷彩です。
他にも迷彩は通常のVSR、フローラのタイプも有ります。








中露軍事演習:和平使命2005での太平洋艦隊海軍歩兵



2012年の太平洋艦隊海軍歩兵





  

2015年09月05日

6sh92-4アサルトベスト

6sh92-4(6ш92–4)ANAのGrad2をデザインそのままに迷彩生地を採用した官給品ベストです。
ロシア海軍歩兵とクリミアでの礼儀正しい人たちが使用されているのを確認できます。

通常のフローラパターン6sh92-4





アラミド繊維のシャイニーVSRパターン


2006年頃の黒海艦隊のロシア海軍歩兵


礼儀正しい人たち


6sh92-4の派生型である6sh92-5があります。ロシア連邦軍装備を知っている方ならこちらのほうが最もメジャーな装備ではないかと思います。
6sh92-4と6sh92-5の違いは、6sh92-4はベストのベルトにVOGポーチがつき、背面のサスペンダーデザインがH型です。
6sh92-5はショルダー部分が若干デザインの変更があり、VOGポーチがレッグポーチになり背面のサスペンダーデザインがY型です。

以前持っていた6sh92-5
背面の写真を取っていなかったのを失念。正面だとほぼおなじデザインですがショルダー部分が若干デザインの変更があります。
わかりづらいですが背面のサスペンダーがY型になっています。






  

Posted by Квас at 23:33Comments(0)装備ロシアアサルトベスト